TEAM
チーム紹介

スタッフ紹介

監督 齋藤博久

(桐蔭学園高校→日本大学→水戸短期大学附属高校監督)

桐蔭学園高校では副主将・捕手として活躍、春選抜に出場経験をもつ。日本大学では捕手、学生コーチ。卒業後、水戸短期大学附属高校監督に就任。直後の県大会で準優勝。平成13年にはチームを春選抜に率いる。


助監督 萩原康

(桐蔭学園高校→法政大学→北海道拓銀→シダックス→同コーチ)

桐蔭学園高校から投手として活躍。法政大学では東京六大学通算22勝を挙げる。北海道拓殖銀行、シダックスでは都市対抗に10回出場。全日本代表選手として国際大会にも出場経験あり。現役引退後はシダックスでコーチを経験。


コーチ 関大輔

(桐蔭学園高校→明治大学→プリンスホテル→鷺宮製作所)

桐蔭学園高校では遊撃手として活躍し、3年時は主将を務めた。2年連続で甲子園出場。明治大学では3、4年時に神宮大会2連覇を経験。プリンスホテル、鷺宮製作所では都市対抗6回出場の経験をもつ。2008年から本学コーチに就任。


コーチ 口羽宏和

(青森山田高校→桐蔭横浜大学)

本学3期生。キャプテンを務め、チームを明治神宮野球大会に導いた。2014年から本学コーチに就任。


部員

部員は約180名の大所帯で活動している。

実家から通う部員もいるが、学生寮やアパートで独り暮らしをする部員も多くいる。

学業との両立をはかりながら、全員が4年生の秋まで練習に取り組む。


練習

練習場は桐蔭学園高校との共同使用のため、大学野球部は午前中に全体練習をすることが多く、授業の空き時間などを利用し、自主練習に励む。
公式戦の前になると、練習メニューに「応援練習」が取り入れられ、公式戦での迫力ある応援にも力を入れている。


OB紹介

3期生の東明大貴が、2013年ドラフト会議にて、オリックスバッファローズから2位指名を受け、本学OB初となるプロ選手となった。

また、5期生の横山弘樹が2015年ドラフト会議にて、広島東洋カープから2位指名を受けた。

卒業後も社会人野球などで活躍する選手も増えている。